つめ物・被せ物

審美性・機能性・親和性のトリプル精度が当院のこだわり

精密審美歯科

  • なんだか最近銀歯が気になっちゃって…
  • コンプレックスの歯並び、歯列矯正までは考えてないんだけど…
  • すきっ歯をどうにかできないかしら…
  • 歯が欠けてしまって、どうにか元のようになればいいんだけど…
  • 審美歯科治療前

  • 審美歯科治療後

このようなお悩みを解決するのが審美歯科です。審美歯科では、表面的な美しさだけではなく、歯が持つ本来の機能面、またその人に違和感なく馴染むことも大切です。当院では、このように審美性と機能性、親和性の3つの側面から患者さまにご満足いただける審美歯科を追及しています。

当院が拘る9つの美の基準

当院が審美歯科で拘っているものとして、9つの美の基準がございます。曖昧に「審美性の追求」とするのでなく、視点を定めることにより、より精度の高い審美歯科の実現を目指しています。

  • ①歯の形の調和

    歯の形状歯の形の美しさは周りの歯との調和の中で成立します。

  • ②正中のバランス

    バランスを調整上下の歯のラインと顔の中心ラインを合わせてバランスをとります。

  • ③スマイルラインの意識

    スマイルライン微笑みの中で前歯が緩やかなカーブを描くように意識します。

  • ④天然歯との同化

    歯の特徴づけ天然の歯と見分けがつかない精度を追及します。

  • ⑤性別面での適合性

    性別微妙に異なる男女間での歯の形の違いにも配慮します。

  • ⑥お肌の色との調和

    肌の色患者さまのお肌と違和感のないものを目指します。

  • ⑦年齢面での適合性

    年齢年齢に沿って歯の形や歯の色を適切に調整します。

  • ⑧素材

    素材かみ合わせや体質などを考慮しながらベストな素材をご提供します。

  • ⑨全体のバランス

    バランス細部だけに拘りすぎず、総合的なバランスの中で美しさを追求します。

知識や技術、経験の豊富な歯科技工士と提携

熟練の歯科技工士

歯科治療に使用されるかぶせ物やつめ物などの補綴物は、全て歯科技工士の手によって作られています。よって、熟練の歯科技工士の手で補綴物が製作されることがベストだと言えるでしょう。当院では、知識、技術、経験の面で実力のある歯科技工士と提携することで、精度の高い審美歯科を実現しています。

歯科技工士が直接立ち会う場合もございます

当院は、株式会社DENRICHEという歯科技工所と提携しています。ご希望がございましたら、直接技工士さんに立ち会ってもらいながら、型とりや色合わせを行うことも可能です。

  • 歯科技工士歯科技工士立ち合いでは、直接口腔状態の確認ができ、精度が上がります。

  • 形成にこだわって製作微妙なグラデーションや歯の形についても1mmの世界で拘って製作します。

  • 最高の補綴物を製作手作業ですので、一本一本精度の高い補綴物が提供できます。

噛み合わせの強さや体質も考慮してベストな選択を

ベストな素材の提案患者さまによって噛み合わせの強さも異なりますし、体質面でも金属アレルギーなどに配慮するっ必要があります。また、保険適用内での補綴物であれば、素材の強度や審美性、咀嚼機能の回復面でも限界があります。

当院ではこれらを総合的に加味しながら、患者さまそれぞれに最適なものをご提案させていただき、ベストパフォーマンスを追及させていただきます。

ご予算内の素材選び、お気軽にご相談を

必ずしも全ての患者さまが、保険適用外の自費治療をお選びいただけるわけでもございません。当院では、保険内でもベストな素材をご提案し、患者さまそれぞれが納得いただける形で施術させていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

ご予算に合わせた素材

機能性にも配慮した6つの拘り

6つのこだわり私たちが口にした食べ物は、咀嚼を通じ胃に運ばれ、栄養素として体内に取り込まれていきます。その咀嚼機能を支えるのが歯の本質的な役割になりますので、審美性だけに囚われてしまうことは避けなければなりません。

また、噛み合わせは肩凝り、顎の痛み、頭痛、腰痛にも影響を与えるものです。このため、身体面の健康にも配慮して、慎重な噛み合わせ調整が必要になってきます。当院では、このように咀嚼機能の向上も見据えて、次のような拘りをもって治療にあたっています。

  • 徹底した初期治療

    初期治療の徹底初期治療を徹底することで、補綴物の安定と長期持続が可能になります。

  • 最適な噛み合わせの拘り

    咬合調整の徹底患者さまの嚙み合わせを1mm単位の世界で調整いたします。

  • シリコンによる型取り

    シリコンを使用した型取り精巧な型取りを実現するために、シリコン素材を使用しています。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ補綴物の精度を上げる目的で、シミュレーションイメージを利用します。

  • 仮歯にも慎重に対応

    仮歯の精度の重視仮歯も一維持的な咀嚼を支えますので、天然歯に近づけるよう製作します。

  • 歯肉圧排(しにくあっぱい)

    歯肉圧排補綴物の装着の際には、歯肉を押し下げて行なうことで適合性を高めます。

当院で実際に行った審美歯科症例

ご来院時の口腔内写真

審美歯科治療例1

40代男性です。銀歯が気になる、前歯をキレイにしたいといことでご来院いただきました。

治療箇所

審美歯科治療例2

治療を行ったほうが良い箇所を患者様とともに決めていきます。今回は話し合いのうえ、写真の番号の箇所を下記のとおり修復していくことになりました。

①むし歯で神経が死んで黒ずんでいるのでセラミックの被せ物にする

②ホワイトニングで白くする

③被せ物の適合が悪く、被せ物と歯茎の隙間から感染を起こしているので、被せ物をやり直す

④プラスチックの詰め物の適合が悪くむし歯になっているため、詰め物をやり直す

⑤⑥⑦⑧銀歯の下がむし歯になっていたので治療し、セラミックの被せ物にする

ホワイトニング

審美歯科治療例3ホワイトニングは、むし歯や歯周病治療などの初期治療を行ったあとに行います。初期治療を行ったあとでないとホワイトニングがしみたり、痛みや腫れを起こす場合があるからです。今回はオフィスホワイトニングを2回行いました。また、黄色枠の部分は仮歯の状態です。ホワイトニングで白くなった歯に合わせてセラミックの被せ物を製作するために、ホワイトニングはセラミック治療より前に行う必要があります。

治療後

審美歯科治療例4

治療完了です。治療箇所が多かったため、見違える程キレイになりました。また、むし歯や歯周病リスクも格段に減ったことで、将来のお口の健康を守ることができました。

もし今回治療を行っていなければ、抜歯や歯茎の退縮などのリスクが年々高まり、十数年後入れ歯や抜歯の危険があったかもしれません。これを期に、ホームケアもしっかり行い、定期検診も受診していただけることになりましたので、単に見た目がキレイになっただけでなく、将来入れ歯やインプラントになるリスクも減らせることができました。

治療前後の比較

  • 審美歯科治療例5

  • 審美歯科治療例6

比較して見ると印象が全然違いますね。すごく清潔で印象の良いお口だと思います。ご本人からは自信をもって大きな口で笑うことができると喜びの声をいただくことができました。

若葉区で歯のつめ物やかぶせ物などをお考えの方、当院へご相談ください

被せ物、詰め物治療をご希望の方

都賀デンタルクリニックでは、このような形で見た目の美しさだけでなく、機能面や生体親和性にも拘った審美歯科を追及しております。歯のかぶせ物やつめ物で気になっておられる方、歯の隙間をどうにかしたいなどのお悩みがございましたら、当院へお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る