無痛治療

歯科治療の痛みへの拘り~痛くないから居たくなる歯医者~

無痛治療

当院は痛みの少ない治療に徹底的に拘っています。一般の方であれば、少なからず歯医者さんに抵抗をお持ちかと思いますが、これは「痛み」や「削る時の音」などのイメージと関連して「痛いものは避けたい」という人間の心理が働くためと考えられます。

当院では歯科治療の痛みに対して徹底的に拘り、痛み自体が生じる確率を下げたり、痛みを感じにくくするための配慮をしています。痛くなくなれば居たい歯医者さんに変わっていきますので、痛みにご不安のある方、ぜひ当院の具体策をご確認ください。

【都賀デンタルクリニック流】痛みを緩和する6メソッド

無痛歯科治療

都賀デンタルクリニックでは、歯科治療の痛みに対して、具体的に6つの対策を立てています。直接的に痛みにくくする配慮、使用することで間接的に痛みの発生を抑えるもの、痛む以前の抜本的な対策など、でき得る限りの最大限の拘りが以下のものになります。

  • ①まず表面麻酔で歯肉を麻痺

    表面麻酔歯科治療では麻酔注射がよく行われます。問題はこの注射を刺す時に痛みが生じることです。当院では、まず歯肉に塗るタイプの表面麻酔をした後に麻酔注射を行ないますので、痛みを抑えることができます。

  • ②33ゲージ極細注射針で痛み軽減

    極小の注射針当院では、麻酔注射の針の細さにも拘ります。表面麻酔で歯茎を麻痺させても、針が太ければやはり痛みを生じてしまうからです。33ゲージの極細の針を使用しますので、痛みを軽減できます。

  • ③麻酔液は人肌レベルにして注入

    麻酔液冷蔵保存されている麻酔液をそのまま歯肉内に注入してしまうと、温度差によって痛みを生じてしまうこともあります。このため、当院では専用ウォーマーを使用し、事前に人肌レベルにまで麻酔液を温めてから注入を行ない、無用な痛みを取り除いています。

  • ④削るを最小限化(拡大鏡の精密治療)

    低侵襲治療拡大鏡を用いて歯科治療をすることで、患部を的確に捉えられるばかりでなく、削る面積や切開範囲を最小限度に抑えることができます。このような低侵襲治療により、痛み自体が発生する確率を根本的に減らすことができます。

  • ⑤プロフェッショナルな麻酔針の刺し方

    麻酔針の刺し方麻酔針の刺し方や角度によっても、痛みの大きさが変わります。歯肉自体に大きな圧力がかからないように、針を粘膜にあてがいながら優しく刺していくのが痛みの少ないプロフェッショナルな刺し方です。

  • ⑥予防歯科で事前ケア

    予防歯科当院は、虫歯になった後の治療時の配慮(痛み軽減)だけでなく、それ以前の予防歯科も強く推奨しています。定期診断を通し、虫歯や歯周病などになるリスク自体を減らすことが痛みを切り離す最善策です。

若葉区で「痛くない歯医者」なら都賀デンタルクリニックにお越しください

分かりやすい治療説明

都賀デンタルクリニックでは、このような形で「痛みへの配慮」に徹底した拘りを持っています。「歯医者=痛いもの」という固定観念を大胆に覆しますので、通院されている方の表情にもどこか安心感のような落ち着きが見られます。早期にご来院いただくほど、治療自体も短期間で済みますので、「歯医者に行かないと…」と強い決意をする以前に、どうぞお気軽にご来院ください。

ページトップへ戻る