虫歯治療・根管(神経)治療

できる限り削らない、抜かない、痛くない治療を実現させます!

低侵襲虫歯治療

「歯医者=痛い」というイメージは、もはや過去のものです。かつては痛みに耐えて歯を治療することが一般的でしたが、現在では歯科治療の大部分で痛みが緩和されています。これは治療に直接かかわる医療機器の技術進歩だけでなく、歯科医が治療しやすいような設備環境も以前と比較し充実しているためです。その中で、当院では「できる限り削らない、抜かない、痛くない治療」を追求いたします。

【都賀デンタルクリニック流】痛みを緩和する6メソッド

無痛歯科治療

都賀デンタルクリニックでは、歯科治療の痛みに対して、具体的に6つの対策を立てています。直接的に傷みにくくする配慮、使用することで間接的に痛みの発生を抑えるもの、痛む以前の抜本的な対策など、でき得る限りの最大限の拘りが以下のものになります。

  • ①まず表面麻酔で歯肉を麻痺

    表面麻酔歯科治療では麻酔注射がよく行われます。問題はこの注射を刺す時に痛みが生じることです。当院では、まず歯肉に塗るタイプの表面麻酔をした後に麻酔注射を行ないますので、痛みを抑えることができます。

  • ②33ゲージ極細注射針で痛み軽減

    極小の注射針当院では、麻酔注射の針の細さにも拘ります。表面麻酔で歯茎を麻痺させても、針が太ければやはり痛みを生じてしまうからです。33ゲージの極細の針を使用しますので、痛みを軽減できます。

  • ③麻酔液は人肌レベルにして注入

    麻酔液冷蔵保存されている麻酔液をそのまま歯肉内に注入してしまうと、温度差によって痛みを生じてしまうこともあります。このため、当院では専用ウォーマーを使用し、事前に人肌レベルにまで麻酔液を温めてから注入を行ない、無用な痛みを取り除いています。

  • ④削るを最小限化(拡大鏡の精密治療)

    低侵襲治療拡大鏡を用いて歯科治療をすることで、患部を的確に捉えられるばかりでなく、削る面積や切開範囲を最小限度に抑えることができます。このような低侵襲治療により、痛み自体が発生する確率を根本的に減らすことができます。

  • ⑤プロフェッショナルな麻酔針の刺し方

    麻酔針の刺し方麻酔針の刺し方や角度によっても、痛みの大きさが変わります。歯肉自体に大きな圧力がかからないように、針を粘膜にあてがいながら優しく刺していくのが痛みの少ないプロフェッショナルな刺し方です。

  • ⑥予防歯科で事前ケア

    予防歯科当院は、虫歯になった後の治療時の配慮(痛み軽減)だけでなく、それ以前の予防歯科も強く推奨しています。定期診断を通し、虫歯や歯周病などになるリスク自体を減らすことが痛みを切り離す最善策です。

【都賀デンタルクリニック流】可能な限り削らないための4メソッド

歯を削らない

理想的な治療は、削らずに虫歯箇所を治すことです。現在の技術において、全く削らずに虫歯を治療することは困難ですが、極力削る範囲を狭くし、元々ある口腔状態を最大限維持することはできます。そのためのメソッドとして、次の4つの取り組みを行なっています。

  • ①拡大鏡(ルーペ)による精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡(ルーペ)の使用で、肉眼と比較して数倍の視野を手に入れることができます。これは削りすぎの防止のほか、別の虫歯の早期発見、早期治療にもつながります。このため、当院では保険治療や自費治療には関係なく、積極的に拡大鏡を使用します。

  • ②齲蝕検知液(うしょくけんちえき)

    虫歯検知液「齲蝕検知液」、通称「虫歯検知液」は、塗った歯の中で虫歯部分だけを赤く染めることができる特殊な液体です。これにより、健康な歯と虫歯組織とを正確に把握することが可能となりますので、健康な歯の削りすぎを防止することができます。

  • ③予防歯科の推進

    予防歯科歯医者さんは、本来的には悪くなる前に通っていただくことが一番です。虫歯がなければ、削る必要はなく、全く痛みを感じずに過ごせます。このため、当院では歯のクリーニングや定期検診を積極的に推奨し、健康な口腔状態の保存を呼びかけています。

  • ④対処療法でなく根本治療への拘り

    根本治療歯に痛みが生じた際には、表面的な虫歯治療でなく、口腔環境全体を整えるよう治療することが肝心です。当院では、モグラ叩きのような虫歯の対処療法ではなく、口腔環境そのものに配慮しながら根本治療をさせていただき、生涯的な処置回数の軽減も目指します。

【都賀デンタルクリニック流】可能な限り抜かないための4メソッド

4つの歯科治療法

当院では、極力歯を抜かない治療を心掛けています。インプラントやブリッジ、部分的な入れ歯などで抜けた歯を補うことはできますが、人工の歯ではやはり天然の歯には敵いません。そこで以下のように抜歯に至らせない処置、もしくは自分の歯の再利用などで極力抜歯の影響を受けないような治療を行なっています。

  • ①自分の歯の移植も可能な限りご提案

    歯の移植当院では、抜けた歯を補う方法として、安易にインプラントやブリッジをご案内するのでなく、可能であれば、ご自身の親知らずなどの移植(自家歯牙移植)もご提案させていただきます。条件面で問題なければ、ご自分の歯を活用することで人工物よりも違和感のない咬合が実現でき、親和性も高めることができます。

  • ②拡大鏡も駆使した精密根管治療

    精密根管治療虫歯の症状が進行している場合、歯の根っこ部分で細菌感染が生じていたり、膿が溜まっていることもあります。このような場合に、神経が通った患部を治療することを根管治療と言います。当院では、拡大鏡などを駆使した精密な根管治療を実施し、再発の可能性を抑えながら将来的な抜歯リスクも低減させています。

  • ③歯根端切除術や再植にも対応

    歯根端切除術虫歯が過度に進行し根管治療でも治せない場合や、歯の根っこが既に折れてしまっている場合、通常抜歯を選択するのが最終的な決断です。当院では、その歯を一旦抜歯した場合でも、抜いた歯を歯科ボンドで接着して再度元の位置に入れ直す「歯の再植術」や外科的に歯根の先端を切り取る「歯根端切除術」なども取り入れながら、極力歯を残す方法も検討します。

  • ④将来を見据えた根本治療

    根本治療患者さまを治療させていただくにあたり、当院では対処療法でない根本治療をおすすめしています。これは、その時に発生した痛みに関する「点への対処」でなく、そのタイミングでの口腔環境全体を見直す「面への対応」です。将来を見据えた口腔環境の全面的な改善で、できる限り自分の歯で長期的に美味しく食事できることを後押しさせていただいております。

若葉区都賀で虫歯を治療するなら都賀デンタルクリニックにお任せください

虫歯治療は当院へ

都賀デンタルクリニックのこだわりは、「不必要に削らない」「不必要に抜かない」「痛みが少ない」を実現する虫歯治療です。都賀駅前ビルの5階にて診療しておりますので、アクセス環境も良く、学校帰りやお仕事帰りのほか、小さなお子様をお連れいただいての診察も可能です。ぜひお気軽にご来院ください。

ページトップへ戻る