衛生管理について

徹底した除菌衛生管理体制、厚生労働省からのお墨付き

衛生管理

昨今、レストランや食品業界だけでなく、医療機関においても衛生面の厳しい視線が寄せられています。当院ではこのような社会的傾向を重く受け止め、厚生労働省より「安全衛生管理の徹底した歯科医院である」ことの特別認可を受けて医療サービスを行なっています。医療機器の除菌衛生面でご不安の方、どうぞ安心して当院を受診ください。

国の安全歯科基準値をクリアしている数少ない歯科

「歯科外来診療環境体制加算の施設基準」というものが、厚生労働省により設定されています。これはハイレベルな院内感染防止対策、緊急蘇生処置体制などを適切に整えているかを指し示す指標で、クリアした歯科医院は厚生労働省より正式に認可を受けることができます。

現在、この認可を受けているのは全歯科医院の3%以下とされ、高水準の安全管理基準体制の証となります。当院はこの基準値をクリアし正式に認可された歯科医院ですので、どうぞご安心ください。

ハイレベルの院内感染対策

当院の衛生管理体制のご紹介

  • 滅菌器にて強力に滅菌

    B滅菌器使い捨てできない医療器具は、滅菌器にかけて滅菌処理をします。滅菌器の内部は高圧、高温状態が保たれ、ウィルスやタンパク質の除去が行え、無菌状態にすることができます。

  • タービンは患者様ごとに交換して滅菌

    全て滅菌タービンとは、切削機のことで歯医者さんで使う歯を削るドリルのことです。当院では、これも患者さま毎に取り換えて都度滅菌器で滅菌処理していますので、ご安心いただければと思います。

滅菌済みのハンドピースを30本以上常備

ハンドピース滅菌最近、歯を削るドリル(ハンドピース)の本数を聞かれる患者様が増えてきました。

テレビやインターネットなどのメディアで「歯科医院でハンドピースを使いまわしている歯科医院が多く、そのほとんどが20本以下のハンドピースしか保有していない」と報道されたのをご覧になってからのようです。

ご安心ください。都賀デンタルクリニックでは30本以上のハンドピースを常備し、1本1本滅菌処理済みのものを患者様毎に交換して使用しております。

  • 使い捨て用品の積極的活用

    使い捨て用品歯科医院内で医師やスタッフが使用するものの中には、滅菌処理できないものもあります。例えば、グローブやうがいカップ、滅菌ガウンなどについては、使い捨て品を積極的に使用することで、不要な接触感染を防止するように努めています。

  • 口腔外バキューム

    口腔外バキューム歯の治療時に削られた歯の破片は、ミクロ単位のものなので、何も対処しなければ診療室中に飛散してしまいます。これでは他の患者さまのお口の中に菌が入り込んでしまう可能性もありますので、当院では口腔外バキュームで吸引しながら処置を行なっています。

  • 空気感染防止の空調管理システム

    空調管理システムオペ室では手術が行なわれますので、空気感染には特に配慮し、医療用空調システムを導入しています。埃、花粉、カビ菌、ホルムアルデヒドなども含む有害科学物質などにも効果を発揮します。

  • 待合室にも空気清浄機

    空気清浄機多くの患者さまがご来院いただく医療施設では、待合室での空気中ウィルスへの配慮も必要です。当院では、待合室に空気清浄機を設置し、患者さま同士のウィルスによる空気感染の防止にも努めています。

若葉区で安心の除菌衛生管理基準を満たす歯科医院をお探しの方へ

歯科医院をお探しの方

歯科医院では、お一人お一人のお口の中を特殊な専用器具で治療することから、除菌衛生面で徹底した管理体制が必要なのは言うまでもありません。当院は、ご説明させていただいたように、厚生労働省からも正式な認可を受けた歯科医院ですので、治療以前の患者さまの不要なご懸念は、完全にクリアできているものと自負しております。若葉区で安心安全の歯科医院をお探しの場合は、ぜひ当院へお越しください。

ページトップへ戻る